メルマガバックナンバー

Mail Magazine-Backnumber

**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**
  S-NETメールマガジン


        2019年1月9日(水)vol.27
        発行元:S-NETウェブサイト
       
**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**

新年明けましておめでとうござます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本号では、「S-Booster in Asia 2019」(内閣府宇宙開発戦略推進事務局)、
「Geospatial Hackers Program」(総務省情報流通行政局地域通信振興課)について
ご案内いたします。

================================================
「S-Booster in Asia 2019」の応募テーマ「日本の宇宙アセット」の募集について
(募集期間延長)
================================================
昨年S-Booster 2018に引き続き、今年もS-Boosterを実施することを予定しています。
3年目となる、S-Booster 2019では、宇宙ビジネスアイデアの募集対象地域を、
日本国内に限らず、アジアにも拡大していくことを予定しています。
アジア地域からの応募者は、従来の日本国内選考と分けてアジア選考(S-Booster in Asia 2019)を行い、選考を勝ち抜いた応募者は、日本国内選考を勝ち抜いた応募者と共に都内で行われる最終選抜会に挑みます。

アジア地域からの応募テーマについては、以下を予定しています。
1.準天頂衛星システムの活用
2.事前に日本国内企業から募集した「日本の宇宙アセット」を活用した新たなビジネスアイデア
3.日本企業との連携を視野に入れたビジネスアイデア

そこで、テーマ2に関する「日本の宇宙アセット」の募集を
約2か月間(2018年10月30日から12月25日)にわたり実施しましたが、
2019年1月25日まで募集期間延長いたします。
「日本の宇宙アセット」へのご登録を希望される場合は、保有する宇宙関連の技術やサービスなどの「宇宙アセット」の概要や特徴について、以下登録フォームからご登録ください。

各社からご登録いただいた「日本の宇宙アセット」については、2019年2月頃に「S-Booster 2019」のホームページ上にて公開し、その後、ホームページ上でアジア地域からビジネスアイデアの募集を行う予定です。
アジア地域の応募者は、掲載された「日本の宇宙アセット」の中から、一つ又は複数の宇宙アセットを選択し、それらを活用した新たなビジネスアイデアを応募するという流れになります。
「S-Booster 2019」では、こうした新たなビジネスアイデア・コンテストを通じて、日本の宇宙関連企業とアジアとのビジネス連携を促進していくことを目的とします。ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、以下担当までご連絡お願いいたします。
内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 長宗(ながむね)、一柳(いちやなぎ)
電話:03-6205-7069
メール(長宗):toyokazu.nagamune.i7k@cao.go.jp
メール(一柳):kiyotaka.ichiyanagi.j7y@cao.go.jp

※「宇宙アセット」の定義
各種人工衛星(通信・地球観測・測位等)、有人宇宙活動、宇宙輸送等の宇宙技術やそこで取得した衛星データやそれら利用したサービスなど、全てが対象になります。
柔軟にお考えいただければと思います。数年後に実現可能な計画段階のものも含みます。

※「日本の宇宙アセット」のご登録は、こちらからお願いします。
https://form.cao.go.jp/space/opinion-0029.html

※「S-Booster in Asia 2019」の応募テーマ「日本の宇宙アセット」の募集について詳しくは以下URLにアクセスしてください。
https://www8.cao.go.jp/space/s-net/s-booster/index.html



==========================================
「Geospatial Hackers Program」についてのご案内
==========================================
総務省情報流通行政局地域通信振興課が2月~3月に開催する「Geospatial Hackers Program」についてご案内いたします。
このプログラムでは、宇宙データをはじめとした地理空間情報(G空間情報)を地域課題の解決や地域経済の活性化に活用できる人材の裾野拡大に向けて、全国3箇所でのハッカソンとそれに先だってのハンズオン講習会を開催するとともに、東京において報告会として各地域におけるハッカソンの優秀者による発表及び表彰を行います。

【ハッカソン及びハンズオン講習会】
・「Geospatial Hackers Program 福井」
 日時:平成31年2月9日(土)13:00〜17:30
10日(日)10:00〜20:00
会場:ものづくりキャンパス(越前市瓜生町5-1-1)

・「Geospatial Hackers Program 神戸」
日時:平成31年2月16日(土)13:00〜17:30
17日(日)10:00〜20:00
会場:KIITO(神戸市中央区小野浜町1-4)

・「Geospatial Hackers Program 山口」
日時:平成31年3月8日(金)17:00〜21:30
9日(土)10:00〜20:00
会場:「志」イノベーション道場(宇部市常盤台2丁目16―1)

※学生/社会人問わずG空間情報の利活用及びプログラミングに興味のある方で、原則として2日間とも参加いただける方の応募を歓迎いたします。
※内容としては、いずれの地域も、1日目にハンズオン講習会、2日目にハンズオン講習会及びハッカソンを行う予定です。
※各地域におけるハッカソン等の日時・場所はいずれも現在の予定です。

【報告会】
日時:平成31年3月15日(金)15:00~18:00
会場:SENQ霞ヶ関(千代田区霞が関1丁目4番1号 日土地ビル2F)

※G空間情報の利活用や人材育成等に関心のある企業・団体等の参加も歓迎いたします。
※報告会の日時・場所はいずれも現在の予定です。

最新情報及び参加の申込みについては、以下のサイトをご覧ください。
Peatixアカウントをお持ちの方は、ログインの後「フォローする」ボタンをクリックしていただくことで最新の情報が届きます。
アカウントをお持ちで無い方は、「フォローする」ボタンから遷移した先の「登録」ボタンからメールアドレスとパスワードを設定いただけますと、フォローいただくことができます。

https://geospatial-hackers.peatix.com



***********************************************************************
S-NET スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク ウェブサイト
http://www.uchuriyo.space/

「S-NETメールマガジン」は、衛星や宇宙全般の情報について、登録頂いた
皆さまのお手許に定期的に配信するサービスです。

☆S-NET会員の皆さまから、掲載を希望されるコンテンツを募集します
 ※頂いた内容を確認させて頂き、掲載の可否をご連絡いたします。
 
※本メールは配信専用となります。お問い合わせ等は下記までお願いいた
します。

☆お問い合わせ・ご意見・ご要望は、
s-net_office@s-net.space までメールでお寄せください。

☆本メールマガジンの配信を停止したい方は下記より登録解除の手続き
をお願いいたします。
https://www.s-net.space/magazine/mail

***********************************************************************