メルマガバックナンバー

Mail Magazine-Backnumber

**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**
  S-NETメールマガジン


        2016年10月31日(月)新着情報 Vol.001
        発行元:S-NETウェブサイト
       
**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**

S-NETメールマガジンにご登録いただきまして有難うございます。

第1号のS-NETメールマガジンをご送付致します。
本メールマガジンでは「宇宙」をキーワードに、しかし「宇宙」に留まらず、
皆さまの創造力を刺激するような情報をお届けしていきます。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ 関連イベント情報 (10月28日現在) ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
◆JAXA新技術説明会
日時:2016年11月15日(火) 12:55-15:30
場所:JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/jaxa/2016_jaxa.html

◆ひまわり9号 /H-IIAロケット31号機 11月1日に打ち上げ
種子島宇宙センターでの打ち上げの様子が14時40分からライブで中継されます。
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/himawari/

◆ライフサイエンス 新技術説明会
日時:2016年11月1日(火) 10:25-12:55
場所:JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷)
https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/sangaku-cons/2016_sangaku-cons1.html

◆サイエンスアゴラ 研究データの利活用の未来
 -オープンサイエンスの実現手段-
日時:2016年11月4日(金)13:30-15:00
場所:A会場 日本科学未来館7階 会議室2(東京・お台場)
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/ab_132/

◆宇宙と芸術展
日時:(開催中)2017年1月9日(月・祝)まで
場所:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
http://www.mori.art.museum/contents/universe_art/index.html

◆G空間Expo2016
 地理空間情報科学で未来をつくる
日時:11月24日(木)- 26日(土)
場所:日本科学未来館(東京・お台場)
http://www.g-expo.jp/

 *会場ではS-NETコーナーを開設しています
  日本科学未来館1階 企画展示ゾーンa・b 
  宇宙衛星ゾーン 内閣府宇宙開発戦略推進事務局ブース内
 
  S-NET会員さまの展示
  ☆全日本空輸株式会社「ANA' Vision for Space -ANA Avatar Xprize-」
  ☆株式会社パソナ「やってみたい!未来の宇宙のお仕事」
  ☆デロイトトーマツグループ(予定)

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ いちおし!ニュースサマリー ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

◆素材は水や砂 3Dプリンターで宇宙基地を建設する
(日経トレンディネット・2016年10月3日)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/090600441/?rt=nocnt

建築業界では近年3Dプリンターが建設現場に導入されており、宇宙建築におい
ても応用が検討されている。2015年秋、NASAは火星有人探査基地のコンセプト
設計コンペを開催した。1位に選ばれた米国の建築家グループは、火星の極寒
の環境を生かし、水を材料に3Dプリンターで氷の外壁をつくるアイデアを提案
した。3Dプリンターで実現可能な火星住居をつくるために、極限環境での作業
や複雑な曲線を実現するための技術を磨くことが建築家に求められる。本コン
ペに参加した英国のフォスター・アンド・パートナーズのデヴィット・ネルソ
ン氏は「そのフィードバックが今日の設計を一歩前進させる」と語る。


◆国際宇宙ステーション・「きぼう」における、長期飼育マウスの全数生存
帰還の世界初の達成ならびに次世代仔マウスの誕生について(JAXA・10月13日)
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/20161013_mouse.html

JAXA、筑波大学、大阪大学は、国際宇宙ステーション・「きぼう」においてマ
ウスの長期飼育を達成し、飼育全数の生存帰還に成功した。地球に帰還後、宇
宙で飼育されたマウスを親とした次世代も誕生した。宇宙飛行士が宇宙に長期
間滞在すると、高齢者の長期寝たきりに似た症状がみられる。寝たきりによる
身体の機能低下の原因はまだ明らかになっておらず、今回の飼育実験によって
身体の機能低下を抑える新薬の開発等が期待されている。


◆【生活ビジネス】富士ゼロ スマホ音声ガイドを簡単作成(Sankei Biz・10月10日)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161010/bsj1610100500002-n1.htm

富士ゼロックスは、観光地などで音声ガイドを簡単に作成できるサービスを
2014年1月から提供し、全国50箇所以上の観光地で活用されている。音声ガイドは
同社が管理する専用アプリに登録され、衛星利用測位システム(GPS)と連動して
おり、旅行者が訪問先の音声ガイドのコンテンツを事前に入手しておけば、各地
点に近付くとスマートフォンで自動再生される。現在利用できる観光客は日本と
アジアなど限定的だが、近く世界中の人が使えるようにし海外の観光地にも拡大
予定だ。


◆全米で最もイノベーションに適した州は?(Forbes・10月9日)
http://forbesjapan.com/articles/detail/13830

全米で最もイノベーションに適した州が発表された。ランキングは、ハイテク産
業の割合・1人当たりのベンチャー投資額・科学者やエンジニアの就業率・起業家
の割合で選出された。1位はMITやハーバード大学発の起業家が増え、ロボット産
業にも注目が集まるマサチューセッツ州、2位はスナップチャットやスペースXも
本社を置くカリフォルニア州、3位はマイクロソフトやアマゾンが本社を置くワシ
ントン州、また7位には航空宇宙開発企業が数多く拠点を置くメリーランド州が選
ばれている。


◆凸版印刷、体験型VR観光アプリを開発(凸版印刷・9月21日)
http://www.toppan.co.jp/news/2016/09/newsrelease160921.html

凸版印刷は、バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を
組み合わせた旅行者向け観光アプリ「ストリートミュージアムアプリ」の提供を
開始した。本アプリでは、現存しない城郭や史跡をVRコンテンツで再現し、
スマートフォンで見ることが出来る。本アプリの提供では、まず江戸城、
和歌山城など6名城をラインアップ。今後も掲載コンテンツを順次拡大予定である。


─*。・'*:.───────────────────────。.'゜*:・*
S-NET スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク ウェブサイト
   :https://www.s-net.space/
「S-NETメールマガジン」は、衛星や宇宙全般の情報について、
登録頂いた皆さまのお手許に定期的に配信するサービスです。 
※本メールは配信専用となります。お問い合わせ等は下記までお願いいたします。
───────────────────────────────────

☆「S-NETメールマガジン」会員募集中!!(登録はこちらから)
https://mag.s-net.space/db02/pub/mag/reg/create/ev/email

☆S-NET会員の皆さまから、掲載を希望されるコンテンツを募集します
 ※頂いた内容を確認させて頂き、掲載の可否をご連絡致します。

☆お問い合わせ・ご意見・ご要望は、
s-netinfo@s-net.space までメールでお寄せください。

☆本メールマガジンの配信を停止したい方は下記より登録解除の手続きをお願い
致します。
https://mag.s-net.space/db02/pub/mag/reg/delete/login
─*。・'*:.───────────────────────。.'゜*:・*