メルマガバックナンバー

Mail Magazine-Backnumber

**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**

  S-NETメールマガジン Vol.010


        発行日:2017年8月31日(木)
        発行元:S-NETウェブサイト

**・‥…―━━―…‥・*・・‥…―━━―…‥・*・‥…―━━―…‥・**
       
S-NETメールマガジンにご登録いただきましてありがとうございます。

本メールマガジンでは「宇宙」をキーワードに、しかし「宇宙」に留まらず、
皆さまの創造力を刺激するようさまざまな宇宙関連情報をお届けします。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ S-NET活動情報 ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
2017年度のS-NET活動は、“アウェイで勝負する力をつける”をスローガンに
展開します。

◆「S-Booster 2017」メンタリング開始
8月9日(水)より、実行委員会が選任するメンターから一次選抜を通過した
15組(ファイナリスト)にメンタリング(専門的なアドバイス等)が開始され
ました。
また、メンタリングの一環として、第1回メンタリング合宿を8月25日(金)
~26日(土)開催しました。ファイナリスト15組と担当メンター、実行
委員が参加しました。
最終選抜は10月30日(月)に六本木のニコファーレで開催予定です。

◆第1回S-NET東京セミナー開催予定
「S-NET東京セミナー」を9月12日(火)~13日(水)で開催します。

「S-NET東京セミナー」は、 宇宙に関連した新規事業案件を創出するために、
農林水産業、ものづくり、ビッグデータ、ツーリズム、ライフ・エンタテイメ
ントに精通する有識者、及び新規事業案件に関する企画構想のアイデアを有す
る者が集まり 、自らのもつ知見、ノウハウ及びネットワーク等を提供し合い、
分野を超えて実装することにより、宇宙に関連した新規事業案件の企画構想の
作成を目的とします。

・第1回:有識者及び参加者で、企画構想案件を抽出・決定
・第2回:企画構想案件の具体化、企画構想書(案)の作成
・第3回:企画構想書の完成、今後の課題等のディスカッション
東京セミナーは、第2回を2017年12月、第3回を2018年2月に開催予定です。

◆今後のセミナー日程および開催地
S-NET福井県セミナー 2017年10月13日(金)
S-NET沖縄県セミナー 2018年1月26日(金)

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ 関連イベント情報 (8月31日現在) ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
 ◆日欧宇宙ビジネスウィーク
 日時:2017年9月5日(火)~9月8日(金)
 場所:駐日欧州連合(EU)代表部&北海道
 https://ssl.jspacesystems.or.jp/wp-content/uploads/2017/07/JEU_Businessw20170721.pdf

 ◆宇宙開発フォーラム
 日時:2017年9月9日(土)~9月10日(日)
 場所:日本科学未来館
 http://www.sdfec.org/AboutForum_Program.html

 ◆第276回「航空と宇宙」定例講演会「空の日・宇宙の日」記念特別講演会
 日時:2017年9月12日(火) 
 場所:航空会館
 http://www.aero.or.jp/koenkai.html

 ◆宇宙探査ビジネスの最前線を知る「I-ISEFプレイベント~Business Meet-up~」
 日時:2017年9月22日(金) 
 場所:株式会社野村総合研究所東京本社
 
http://www.nri.com/jp/products/consulting/m_consulting/seminar/construction_sme2017.html

 ◆UNISEC宇宙工学講座『リモートセンシング』
 日時:2017年9月23日(土) (有料)
 場所:国立オリンピック記念青少年センター
 http://unisec.jp/archives/2783

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ 注目!ニュースサマリー ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
◆リモートセンシングデータカタログ
JAXA新事業促進部では、今までリモートセンシングデータの利用経験がない
方でもわかるように、リモートセンシングデータのカタログを作成しました。
本カタログでは、データ利用目的別メリットを示すとともに、データが「どの
ような種類で」「どのような形で」「どこに保存されており」「どのように利
用可能か」「価格体系(無償/有償)」といった観点が明確にわかるよう整理
されています。
この機会に是非一度ご覧ください!

【リモートセンシングデータカタログ公開のお知らせ】(JAXA・7月25日)
http://aerospacebiz.jaxa.jp/topics/event/%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89/

【リモートセンシングデータカタログはこちら】
http://aerospacebiz.jaxa.jp/solution/satellite/

【JAXAが提供するリモートセンシングデータの利用事例】
http://www.sapc.jaxa.jp/

◆平成29年度「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマの募集について
(JAXA・8月3日)
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/participation/application/2017_kibo-utilization-theme.html

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」
日本実験棟の船内環境を利用する科学研究提案(フィジビリティスタディテー
マ)を募集いたします。

◆宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を
(JAXA・8月4日)
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/10491.html

世界で最も美しいロケット発射場があり、日本で宇宙に一番近い島、種子島で
宇宙をテーマにした新しい芸術祭が始まります!8月5日(土)から11月12日(日)
まで「自然と科学と芸術の融合」をテーマに、種子島の全島でさまざまな作品、
アートプロジェクト、イベントが繰りひろげられています。

◆「宇宙活動法」に安全基準明記へ。企業参入促す
(ニュースイッチ・8月5日)
http://newswitch.jp/p/9947

宇宙ビジネス活性化に向けた法令の具体的な内容が定まってきました。内閣府
の小委員会は1日、ロケットや人工衛星の打ち上げ・管理などの内容を定めた
「宇宙活動法」の内閣府令案と審査基準案を公表。ロケットの安全基準や打ち
上げ計画、人工衛星の構造基準などについて示しました。規制が明らかになる
ことで、企業はクリアすべき点を明確に把握できるようになります。企業の宇
宙参入が活発になると期待できます。

◆人工流れ星、米の収穫、ゲリラ豪雨把握 広がりみせる“宇宙ビジネス”
(Abema TIMES・8月9日)
https://abematimes.com/posts/2768752

宇宙ビジネスでは“後進国”と言われる日本ですが、最近注目を集めている
宇宙ベンチャー企業を紹介しています。


◆わずか4g、世界最小の人工衛星が宇宙へ! - 目指すのは星間飛行の夢
(マイナビニュース・8月18日)
http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/18/sprite/

米国コーネル大学のザク・マンチェスター(Zac Manchester)氏らを中心に開発
され、宇宙へ打ち上げられたのが、アトサットの「スプライト」(Sprite)と名
づけられた衛星は、3.5cm四方の正方形をしており、質量はわずか4gしかない、
世界最小・最軽量の人工衛星です。2017年6月23日に打ち上げられ、7月26日、
地球との通信に成功し、世界最小の衛星が宇宙できちんと機能することが実証
されました。

◆「みちびき3号機」の打ち上げについて【内閣府特命担当大臣(宇宙政策)談話】
(みちびき(準天頂衛星システム)・8月19日)
http://qzss.go.jp/overview/information/h2af35_170819.html

本日、準天頂衛星システム「みちびき3号機」の、我が国のH-IIAロケット35
号機による打ち上げが成功しました。現在、衛星は所定の軌道に向けて順調に飛
行しております。
2回の打ち上げ延期がありましたが、6月の「2号機」に引き続き、今回の「3
号機」の打ち上げ成功により、準天頂衛星システムの4機体制確立に向け、更な
る一歩を踏み出すことができました。
準天頂衛星システムによる各種測位サービスを多くの方が円滑に利用できるよう、
引き続き関係者と連携してまいります。
さらに、宇宙政策を担当する内閣府特命担当大臣として、準天頂衛星システムを
含む宇宙開発利用の拡大に向けて、引き続き宇宙基本計画を推進してまいります。

◆先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクト公募について
(日本宇宙フォーラム・8月25日)
http://www.uchuriyo.space/model/youkou.html

内閣府では、衛星リモートセンシングデータを含む衛星データの利用モデルの
実証等を通じて、長期かつ大口のユーザーとなり得る国や地方公共団体等をは
じめとした潜在的エンドユーザーの顕在化・拡大を目指すとともに、国内企業
の衛星データ利用の呼び水にすることを目指した、「先進的宇宙利用モデル実
証プロジェクト」の公募を開始してます。

公募期間は8月23日(水)~9月22日(金)です。

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
■ 編集部より ■
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*
「S-Booster 2017」第1回メンタリング合宿に事務局として、参加しました。
ファイナリスト15組の皆さまとメンターの討議が、活発に行われていました。
10月30日(月)の最終選抜がますます楽しみになりました。

─*。・'*:.───────────────────────。.'゜*:・*
S-NET スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク ウェブサイト
   :https://www.s-net.space/
「S-NETメールマガジン」は、衛星や宇宙全般の情報について、登録頂いた
皆さまのお手許に定期的に配信するサービスです。

☆「S-NETメールマガジン」会員募集中!!(登録はこちらから)
https://mag.s-net.space/db02/pub/mag/reg/create/ev/email

☆S-NET会員の皆さまから、掲載を希望されるコンテンツを募集します
 ※頂いた内容を確認させて頂き、掲載の可否をご連絡いたします。
 
※本メールは配信専用となります。お問い合わせ等は下記までお願いいた
します。
───────────────────────────────────

☆お問い合わせ・ご意見・ご要望は、
s-netinfo@s-net.space までメールでお寄せください。

☆本メールマガジンの配信を停止したい方は下記より登録解除の手続き
をお願いいたします。
https://mag.s-net.space/db02/pub/mag/reg/delete/login
─*。・'*:.───────────────────────。.'゜*:・*